After FIVE@Leisure

仕事も大事ですが、仕事の後がもっと大事!

Category: 読書   Tags: ---

本文: 0  Trackback: 0

8月 朔日餅

8月の朔日餅は「八朔粟餅」 粟の粒感と黒糖の餡をのせたできた美味しいお餅でした。
※粟の粒感は何個食べてもわかりませんでした(笑)
0801_朔日餅0801_朔日餅01

包装紙は鳥居と稲穂がデザインされています。
0801_包装紙
読み始めて2日目の、山崎豊子著「約束の海」
海上自衛隊の潜水艦から始まる物語、主人公の花巻朔太郎 二等海尉と思われます。
潜水艦の内部及び仕事の内容から始まる小生には謎から始まる物語です。
それに、朔日餅と共通の「朔」・・・なんか不思議に思っています(笑)
山崎豊子著作は、自分の中で調べつくして物語にしてるところが
今回も「潜水艦」「自衛隊」色々な発見があり好きです。

8月連休前、読了予定。毎朝が楽しみです。

スポンサーサイト

Category: 読書   Tags: ---

本文: 0  Trackback: 0

単行本入手

毎朝読んでる単行本 現在読んでるのでなくなります。
新たに単行本入手
0726_単行本
単行本と購入キッカケです。
山崎豊子著 「約束の海」
  沈まぬ太陽・華麗なる一族のドラマから 山崎豊子さんの作品は読みたかった。(古い・笑)
山本文緒著 「恋愛中毒」
  視点を拡げる為・・・今更ですが(笑)
唯川 恵著  「瑠璃でもなく、玻璃でもなく」
  2冊目にトライ 瑠璃(ルリ)?玻璃(ハリ)?知らない言葉のタイトルに惹かれました。
今読んでる、志水辰夫著「情事」
 ・・・官能小説っぽいんですが、そんなハズはないと読み続けもうすぐ読了予定(笑)

本購入前、土曜日購入の毎日の暑さでエサ本日最終日。
前浜は大体わかったので、蟹屋前 釣査。
0726_蟹屋前
何投かしてやっと見つけました。
0726_4色
4色にいました。時間が時間だけに朝とは違うかもしれませんが、1,2色にはいないようです。
釣ったキスはリリースして次回に廻します。
日没後、釣査 終了余ったエサも処分。暗すぎて片づけに一苦労(笑)
0726_納竿

蟹屋前の浜は4色以上ですね!?(笑) 

Category: 読書   Tags: ---

本文: 0  Trackback: 0

なぎさ

今日、予定より1日早く、「なぎさ」を読了。

「ブルーもしくはブルー」でのドッペルゲンガーで現実味と もし自分が自分を発見したら!?
生活をすり替えようとはしないでしょね!相手が言い出したらいい手段を教えてもらいました。
山本文緒さんのちょっと惹かれ代表作である「なぎさ」購入。
0713_なぎさ

幼馴染夫妻 ブラック企業に勤める旦那さんと何でもこなす専業主婦にまつわるお話。
14部の構成で 1話1話主人公がかわっていく主人公は夫婦なのですが出会いから結婚
それに携わる人達。
ブラック企業になる前は、弁当持って勤務中 釣りしてるんですね!羨ましいく思いました(笑)
各主人公が苦戦を乗り越えて話で、物語は続編もありそうな感じで終わりました。

山本文緒さんの小説 新たな視点が発見できて面白いです。

明日からは、志水辰夫著「情事」・・・楽しみです。
0713_情事
ブックカバーは6月朔日餅(麦手餅)の包み紙です。
0713_6月朔日餅(麦手餅)カバー

Category: 読書   Tags: ---

本文: 0  Trackback: 0

前倒し!

20日から 唯川 恵著の「手のひらの砂漠」を読み始め
30頁/Dで7月7日 読了予定でしたが、今 読了。
0628_手のてらの砂漠

内容は、DV(ドメステック・バイオレンス)の話です。
仕事で知り合い、結婚し付き合ってる時には、見られなかった異常な性格(暴力)に
耐え、そうなったのは、自分自身と責め深い溝(DV)にハマっていく話です。
付き合ってる時と、結婚してからでは、多少変化はあるでしょうが、暴力はね。
見破れないかもしれませんね!?
読んでてイライラの連続でしたが、面白くて深夜に読了となりました。
お勧めの本です。
世の中に、6組に1組は何らかのDVがあるとのことです。自分の廻りにもと考えると
怖いですね。

手のひらの砂漠=DV=解説 押切もえさん(モデル・作家と紹介あり)
唯川 恵さんに「優等生」って言われてるそうです。是非1度
押切もえ 著作書を読んでみたくなりました。

今日の朝からは、山本文緒著 「なぎさ」
0628_なぎさ

楽しみです。

6月28日 4:05今から1時間ぐらい寝ます。おやすみなさい。

Category: 読書   Tags: ---

本文: 0  Trackback: 0

追加2冊!

毎朝、出勤仕事前 30分 読書時間 約30頁で設定・・・遅読ですが
今朝、山本文緒著「ブルーもしくはブルー」読了。計画の1日前倒しです。

内容は ちょっと怖いと感じた ドッペルゲンガー(自分自身の姿を自分で見る幻覚)のお話。
この世の中に そっくりな自分自身が居るんでしょうね!?
もし自分自身に会ったとしても 入れ替わりなんて考えないで、無視することでしょうね!?
出演者も少なく、恋愛もあり 面白い本でした。

今日から、読んでるのは 唯川 恵著「手のひらの砂漠」 7月7日読了予定!
短編復活(集英社)から 同著者 2冊目の追加です。
  志水辰夫著「情事」
  山本文緒著「なぎさ」

紹介の4冊です。ブックカバー作るのも 楽しみの1つ、殆どが1日餅の包み紙(伊勢型紙)です。
0620_紹介4冊

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Atsu

Author:Atsu
ブログへようこそ!
日々の出来事を写真を交えてブログにしました。

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR